国がヤミ金融を規制する罰則を強化

国がヤミ金融を規制する罰則を強化

 

増え続けるヤミ金融の被害と、規制を求めて高まる世論に、ついにお役所も重い腰を上げて、本格的な闇金融規制に乗り出しました。

 

以前からの規制に加えて、今回は罰則の強化です。

 

その内容をあげておきます。

 

@無登録業の刑事罰が「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」から、
「5年以下の懲役もしくは1000万円(法人は1億円)以下」に。

 

A出資法の規制を超える高金利に対する刑事罰が
「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」から、
「5年以下の懲役もしくは1000万円(法人は3000万円)以下」
に。

 

また同時に貸金業登録の条件も厳しくなり、暴力団との関係がある法人の登録が拒否されるほか、

 

貸金業を営む法人に対しては500万円、個人には300万円の手持ち資金の保有が義務づけられることになりました。

 

これによって、摘発の4割を占める登録業者の違法貸付が妨げるものと期待されています。

 

 

なお、無登録業務者の広告・勧誘が禁止され、違反した場合は罰則の対象になりました。


 

ともかく、ヤミ金融を根絶するには

 

「1回でも摘発されたら割に合わない商売だ」

 

という意識を、既存の業者と新規参入を狙っている人たちに広く植えつける必要があります。

 

 

真面目な暮らしを営んでいる私達にとって、ヤミ金融は悪の温床であり、社会のガンです。


 

撲滅するためには、罰則の強化も必要ですが、情報を流通させることによる「絶対に借りない」姿勢が一番大切です。

 

ヤミ金融などの悪徳商法のない世の中にするためには、一人一人が自覚して、甘い言葉につられないようにすることから始めなければなりません

 

もしヤミ金に借りてしまったら、ヤミ金専門の法律家に相談しましょう。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

 

 

お暇なときにまた来ていただけると嬉しいです。