【闇金の手口 整理屋】悪徳弁護士は名義貸しするだけの整理屋

【闇金の手口 整理屋】悪徳弁護士は名義貸しするだけの整理屋

整理屋は、ヤミ金融が儲けたお金を一部自分のものにする悪辣な業者です。

 

弁護士の肩書き借りて、任せれば絶対にすべてがうまくいくと話を持ちかけ、債務整理を請け負って法外な手数料をとります。

 

債務を整理することを請け負うのですが、存在そのものがインチキですから、債務整理というのも見せかけに過ぎません。

 

ほとんどが債務の1本化で処理するとか、任意整理という方法で話を持ちかけできます。

 

整理屋は、みずから整理屋とは名乗りません。

 

たいてい「弁護士事務所の事務長」などとして、多重債務者に接してきます。

 

つまり、弁護士とグルになっているということです。

 

返済方法などの相談に乗るふりをしながら、実のところお金さえ取れればいいので、まともな整理案など作成してきません。

 

弁護士の名前で仕事を受け、何もやらないで手数料をとり、悪どくなると、返済金まで横取りします。

 

整理屋はこうやって弁護士を探す

整理屋は、まず名前を貸してくれる弁護士を探すことからスタートします。

 

例えば、業務停止になったような弁護士を見つけ、その業務停止期間が終わる頃に接触して、弁護士をうまく引き込みます。

 

弁護士に対しては、「多重債務問題の解決のために、是非とも先生のお力をお借りしたい」などと説明し、はじめから「名義を貸してください。整理屋をやりますので」などとは言いません。

 

 

弁護士会でも整理屋の問題が討論されるようになってきたので、昔のように整理屋が露骨に弁護士を取り込もうとすることがなくなりました。


 

どうやってターゲットを探すのか

弁護士と提携すると、次は客を探すことになりますが、たいていは多重債務者を対象にして次のような文章を載せたダイレクトメールを送ります。

 

「多重債務者スピード解決。業者と交渉の上、原則として金利カット、元金は分割返済で負担軽減。1人で悩んでいないで、勇気を出してお早めにご相談ください。相談無料」

 

そして客が相談に来ると、まず弁護士がそれぞれの債権者に対して、債務整理を受任した旨の通知を送付します。

 

この通知を出すことによって、弁護士が介入したことが明らかとなり、債権者は手出しができなくなります。

 

そこで整理屋は、相談者に返済金の振込を持ちかけ、「こちらで業者に返済します」と、月々決められた金額をおくらせるのです。

 

そしてその中から法外な手数料をとって、残りでわずかばかりの返済をします。

 

まるで泥棒の上前をはねるようなもので、さらに約束通りにお金が送られてこなくなると、弁護士が辞任して終わりにしています。

 

債務者はなけなしのお金をむしり取られた挙げ句、再び放り出されてしまうのです。

 

 

 

弁護士だからといって信用できない

弁護士だからといって信用できるとは限りません。

 

整理屋は真っ当な手続きをしないで多重債務などを処理し、多額の手数料をかすめとる存在ですが、この悪質な連中と提携しているのが「非弁提携弁護士」とか「特定弁護士」と呼ばれている悪質弁護士です。

 

彼らは業者の言いなりになって、都合のいいように多重債務におそいかかります。

 

 

多重債務者に不利益が及ぶような返済計画をまとめたり、適切な法的処理もせずに法外な報酬や手数料を請求したりします。


 

このようなやり方は、弁護士法に抵触しますから、心ある弁護士であれば受任することなどあり得ません。

 

にもかかわらずこのような悪質な弁護士が、依然として存在するという現状は恥ずべきことです。

 

整理屋が弁護士を誘う理由は、弁護士の公的な信頼性を悪用するためです。

 

 

依頼者は、弁護士が引き受けてくれると思うから、多額の手数料を支払うのです。


 

こういう手合いにかかわらないためには、できるだけ信頼のおけるところの紹介で弁護士を選任することです。

 

確かな弁護士を慎重に選んで依頼すること、これしか方法はありません。

 

ヤミ金に強い確かな法律家を実際取材して調査したので、参考になればと思います。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

整理屋の仕事の流れ

弁護士と提携する

弁護士事務所の事務長として客と接する
(客はダイレクトメールなどで集める)

債務整理の依頼を受けて弁護士が受任通知を出し
債権者(サラ金など)の手出しを止める
(客は取り立てがピタリと止まるので一安心。債務の解決と錯覚)

月々の返済金を送らせ、代理で返済すると見せて、
高額の手数料をとり、わずかしか返済にまわさない

返済金が滞れば辞任する
(債務はいっこうに減らない)

激しい取り立てが再び始まる

 

整理屋に都合の良い弁護士とは?

●バブル期に調子に乗って多額の借金をしたものの、バブル崩壊後に地価も株価も下落し、ニッチもサッチも行かなくなった弁護士

 

●独立して自分の事務所を持ったものの、営業の能力に欠け、今月の事務所家賃にすら困っている弁護士

 

●検察官をやめ、弁護士になったものの、依頼者がいなくて困っている弁護士

 

●金融機関からの借金の支払いに困ってサラ金や街金に手を出している弁護士。街金から不動産に担保権が設定されている弁護士

 

●「どんな仕事でもやりますから、回収で困ったら自分のところにまわしてください」などと言いまわっている弁護士

 

●現金の入る仕事ばかりを追いまわしている弁護士

 

etc

 

鷹悠会という悪徳な行政書士がいる

最近、行政書士が闇金の相談を受ているケースがあります。

 

相談だけなら違法ではありませんが、行政書士は交渉する権利を持っていません。

 

必要書類を書く事はできても、解決するための術はもっていないです。

 

これは弁護士法違反にあたります。

 

鷹悠会という行政書士法人の被害が増えており、高額な報酬を払ってもヤミ金の取立てがとまらないといった被害を受けられた方が大勢おられます。

 

行政書士法人鷹悠会にはくれぐれも注意してください。