アルバイト・パートの闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

アルバイト・パートの闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

〜〜アルバイターやパートで働く人もヤミ金の罠に落ちる可能性は十分〜〜

 

ヤミ金の被害者になるのは毎月決まった収入のある年金生活者や生活保護を受けている人、会社員または公務員だけではありません。

 

定まった仕事のないアルバイターやパートをしている人でもその罠に落ちる可能性が十分あります。

 

というのも、総量規制が敷かれて以来、銀行ローンはもちろん消費者金融の審査基準が急に厳しくなり、お金を借りられなくなったアルバイターやパートの人がヤミ金を頼りにするという現象が起き始めたからです。

 

 

以前はクレジットカードのキャッシングを気軽に利用していた人もクレジットカードが作れなくなったことなどもヤミ金が台頭してきた理由のひとつです。

 

ヤミ金は絶対に完済できないように仕組まれた罠

アルバイターなどはもともとお金がないため、ヤミ金の方でも信用の低い人とみなして高額の貸し付けはしません。

 

 

2万円のお金を貸すという名目で手数料やら何やらを引かれ、実際に振り込まれるのは1万円などといったケースがほとんどです。


 

ヤミ金というものは一度お金を借りたら抜け出せない泥沼になっているもの。

 

アルバイターとしては生活が苦しいため、ジャンプ金やスキップ金でなどと呼ばれる利息だけを払ってその場をしのごうとしますが、これが悪循環の始まりとなってしまいます。

 

ヤミ金としてはお金の借り主だけではなくその家族、親戚などの収入状態も調査しているため、彼らからお金を引き出せる余裕があると見れば

 

 

「この間払ってもらった利息は期日が遅れていた。あと10万円必要」


 

などと払えないはずの金額を請求してプレッシャーをかけ、これを断わると壮絶な取り立てを始めるのです。

 

仕事先をクビになることも

ヤミ金は家族や親戚はもちろんのこと、仕事場にも取り立ての電話をかけてきます。

 

それも一日に数回などと生易しいものではなく、数秒に電話をかけてきて怒鳴ったりわめき散らしたりします。

 

これが長く続けばノイローゼになるのは分かりきっていますし、ひいては家庭崩壊を起こしかねません。

 

 

ヤミ金は仕事場にももちろん嫌がらせをしてきます。

 

仕事場としては面倒事は回避したいので、クビということになるかもしれません。

 

 

このように、一旦ヤミ金に関わってしまうといいことがないのです。


 

事態が悪化する前に、ぜひヤミ金対策の専門家に相談すべきです。

 

普通の弁護士や司法書士ではヤミ金のトラブルに充分に対応できないこともあります。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ