女性の闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

女性の闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

〜〜家庭崩壊にも繋がるヤミ金の恐〜〜

 

最近、ヤミ金の被害が大きくクローズアップされています。

 

 

一度お金を借りてしまったらたとえそれが5000円であったとしても、家庭を崩壊させ、人生をめちゃくちゃにしてしまいかねない、それがヤミ金の恐さです。

 

ヤミ金を利用するのは銀行の融資を受けられない人、消費者金融にローンを申し込んでも審査に通らない人などですが、女性でヤミ金に手を出してしまう人もかなり多いのです。

 

 

特に専業主婦やパートで働いていて収入の低い人は単独でクレジットカードも作れない可能性もあります。


 

これには2010年6月に施行された「総量規制」も大きく関係しています。

 

以前は主婦でも消費者金融の審査を通ってかなりまとまったお金を気軽に借りることができたのに、総量規制が敷かれて以来審査基準は格段に厳しくなりました。

 

このためヤミ金からお金を借りざるを得なくなった女性が増えたのも事実です。

 

 

消費者を守る目的で作られた法が逆に消費者にマイナスに働くこともあるとは何とも皮肉なことです。


女性は水商売での労働を強いられることも

ヤミ金が恐いのは、「貸したお金とその利息を返してもらう」ことだけが目的なのではないということです。

 

お金を貸す相手が女性であれば配偶者の収入や社会的地位などもすべて調べ上げ、持っている財産をすべて巻き上げようとさまざまな手段を講じます。

 

 

「お金を払わないとご主人の社会的地位も危ない。奥さんが浮気をしていると言ってやる」


 

などといった卑劣なおどしを平気でかけてきます。

 

全額を完済しようとしてもさせてくれず、「スキップ金」「ジャンプ金」などの利息だけを払わせてずるずると借金を引き延ばしにするのも彼らのやり方です。

 

 

女性の場合、借金をしていることを他人に知られるのを極端に恥ずかしがる傾向があります。


 

ヤミ金はこれを利用して、友人などにもバラしてやると脅しをかけてきます。

 

仕方なく利息を払い続けていると「5万円まだ足りないから払ってくれ」などと支払いが無理な状況に追い込んだ上で「仕事を紹介してやる」と言って水商売の仕事場に連れて行かれます。

 

キャバレーなどはまだ上品な方で、ソープランドでの労働を強いられることも珍しくはありません。

 

 

ヤミ金としては女性が借金を申し込んだ時点でソープランドで働かせてピンハネする筋書きを目論んでいるのです。

 

こういった罠にはまらないためにも、ヤミ金がしつこくて困ったと感じたら即刻専門家に相談しましょう。

 

ヤミ金を相手にするにはヤミ金対策に熟知した弁護士がおすすめです。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ