年金生活者や生活保護の闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

年金生活者や生活保護の闇金被害対策。相談は弁護士か司法書士がベスト

〜〜年金生活者や生活保護を受けている人はヤミ金にとって格好の獲物〜〜

 

年金生活者や生活保護を受けている人たちは毎月ぎりぎりのお金で地味に生活しています。

 

「今月、あと5000円あったらゆとりのあるくらしができるのに」

 

と思うこともしばしば。

 

 

そんな心理を巧みに利用して年金生活者に近づくのがヤミ金です。

 

 

ヤミ金はお金を巻き上げるのが商売ですから、常日頃から「犠牲者」を探しています。


 

年金生活者なら大金を儲けることはできなくても毎月決まった額の利息を搾り取れるので、ヤミ金にとっては収入の安定した「お客さま」なのです。

 

ですから優しそうなふりをして年金生活者に近づき、

 

「5000円だけ借りればすぐ返せるから


などと甘いことを言ってお金を貸し、その後は「ジャンプ金」「スキップ金」などの名目で金利だけ毎月しっかりとお金を搾取していきます。

 

年金がいくらぐらいで毎月いくら支払えるかをあらかじめ計算して近づくのです。

 

完済しようとしても応じない

年金生活者としては永遠に利息だけを払っているのも嫌なので完済しようとしますが、ヤミ金はこれに応じません。

 

毎月のせっかくの定収入を手放したくないからです。

 

ヤミ金に愛想をつかした年金生活者は警察などに訴えますが、警察の方では金銭の貸し借りにはあまり介入したくないため、「民事で解決してください」などと体裁よく断られてしまいます。

 

ヤミ金を金融業者ではなく、あくまで個人の高利貸しと捉えているからです。

 

しかしヤミ金は今や社会的な問題になりつつあります。

 

 

最高裁でも「ヤミ金には一銭もお金を支払わなくてよい」という判決も出ています。


 

ヤミ金とは完全な違法集団

「ヤミ金」という言葉はマスコミでも定着し、その取り立てがいかにひどいかをテレビなどで知った方も多いのではないでしょうか。

 

 

それでもまだヤミ金を消費者金融の一種だと思い込んでいる人もいるようですが、消費者金融は金融業者としてきちんと登録もしており、あくまでも法の範囲内で業務を行っています。

 

これに対してヤミ金の方は法人の形態を取っておらず、住所も電話番号も特定されていない違法集団です。

 

 

ですからヤミ金からは絶対にお金を借りないことがまず何よりも大切です。


 

ヤミ金を切ろうとしてもなかなかなか切れない、ずるずると毎月お金をせびり取られているという年金生活者の方や生活保護を受けている方は一度専門家に相談することをおすすめします。

 

なにも泣き寝入りしている必要はないのです。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ