闇金の取り立ては無視しない方がいいと思いますよ

闇金の取り立ては無視しない方がいいと思いますよ

ヤミ金というのは貸付業者登録を行っておらず、事務所の住所も電話番号も不定という悪質な不法集団です。

 

 

ヤミ金は悪質な集団だということをはっきり認識することが大切です。


 

一度お金を借りたら最後、何かと難癖をつけてずるずると有り金を全部引き出そうとするばかりか家や車などの財産もすべて巻き上げようとします。

 

金融業者の仮面をかぶった犯罪集団と言っていいでしょう。

 

ですからヤミ金の本質をしらずに気軽にお金を借りてしまった人は一日も早く借りているお金を返済し、ヤミ金と手を切らなければなりません。

 

万が一不払いがあってヤミ金から取り立てが来た場合、これを無視してはいけません。

 

ヤミ金が無視されたくらいで手を引くことはあり得ないからです。

 

うっかり取り立てを無視した場合どうなるかというと、すぐさま嫌がらせが始まります。

 

嫌がらせといっても生易しいものではなく、

 

数秒おきに電話がかかってくる
家に貼り紙をされる
大家さんや子どもの学校にまで取り立ての電話を何十回もかける

 

といったものです。

 

しかたなく自分が電話に出れば家族に対する暴力あるいは殺人の脅しさえ受けることも稀ではありません。

 

 

警察に訴えたとしても警察は金銭的関係のもめごとには余り介入したがらず、らちが明かないといったところが現状です。


 

取り立てに応じずに放置しておくと一時期電話などが来なくなることがありますが、これはヤミ金業者が他の人の取り立てに忙しいからで、それが終われば必ずこちらに戻ってきます。

 

半分監禁された状態で女性は水商売、男性は工事現場での仕事を強要されることも

取り立てを無視しているとその分借金の額は膨れ上がっていくばかりです。

 

お金も一銭もない、家などの財産も一切ないと見るとヤミ金は仕事先を提供してきます。

 

男性であれば山奥の工事現場などで苛酷な労働をしなければなりませんし、女性なら水商売、ソープランドなどで働かせるといった話も聞こえてきます。

 

 

お給料をもらえると言ってもほとんどはヤミ金にピンハネされ、軟禁状態におかれるので自分の生活などはまったくありません。

 

 

しかもお金は返済していても利息や何やらの口実を使ってすべてまきあげられてしまうので借金は何年働いても返せないという泥沼状態となってしまいます。


 

この状態から抜け出すには軟禁されている場所から逃げ出し、どこか遠くの土地で新しい人生をやり直すしかありません。

 

軟禁状態になる前にヤミ金業者の扱いに慣れた弁護士に相談すれば最悪の状態は避けることができます。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ