闇金をキャンセルしたら請求料を取られるってどんな手口?被害にあったらどこに相談すればいいの?

闇金をキャンセルしたら請求料を取られるってどんな手口?被害にあったらどこに相談すればいいの?

闇金の手口の一つとして、

 

いったん申し込みをした後でキャンセルした客に対して「キャンセル料」を請求する

 

というものがあります。

 

闇金業者に融資の申し込みをしてくる人の中には最初、闇金とは知らずに連絡してくるケースもあります。

 

そのような人が後から気づいて融資の辞退を申し出た場合に

 

「もうここまで進んでいるのだから止められない。どうしてもというならキャンセル料を支払え」

 

と言って、もし支払わないとその後で怒涛のような電話攻撃に入る、というのが割と多くみられるパターンです。

 

また、他の手口としては闇金からあえてキャンセルをさせるように仕向けるということもあります。

 

融資条件の話をする前に徹底的に家族や職場などの個人情報を聞き出しておいて、その後で明らかに法外な条件を出し、わざと申込者に

 

「これは怪しい、闇金なのでは?」

 

と思わせて断らせるというものです。

 

こういったタイプの業者は結局、一銭も貸さないうちに多額のキャンセル料をむしり取るというのですから、ある意味、貸して取り立てるタイプの闇金よりいっそう悪質かも知れません。

 

 

彼らは最初に聞き出しておいた被害者周辺の連絡先情報を脅しのカードとして最大限に活用します。


 

もし借りていなかったとしても、このような業者との関わりがあること自体を知られたくないと言って支払ってしまう人もいるからです。

 

自分が無視していれば職場や家族に直接連絡が入ることもありますから、素性がわからない業者に対しては決してこのような情報を晒してはならないのです。

 

万一、こんな被害にあってしまったら法律的にはキャンセル料を支払う義務は一切ないということを理解した上で、弁護士や司法書士など法律家に相談しましょう。

 

法を守るつもりもない彼らは「話せばわかる」などというものではなく、素人が1人で向き合えばさらに泥沼にはまることもありますから闇金処理に慣れた法律家を選んですべてを任せることがベストな方法なのです。

 

キャンセル料請求被害ならウォーリア法務事務所ジャパンネット法務事務所が得意としています。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ