闇金から借りたら銀行口座凍結された!解除するにはどうすればいい?

闇金から借りたら銀行口座凍結された!解除するにはどうすればいい?

闇金と関わりがあった人が、借りていただけなのに自分の口座が凍結されてしまったということが時々起こります。

 

こうなってしまったら解除するのは難しいのでしょうか?

 

自分がすぐ銀行や警察に口座名義人であることを名乗り出て本人確認などをしても、すぐには凍結を解除してもらえないこともあります。

 

 

要するに「闇金とグルになっているのでは」と疑われることがあるのです。

 

この仕組みについては後程詳しく解説します。


 

凍結された銀行口座の行方

闇金や振り込め詐欺などの犯罪に使われたと認定される口座の行方はこのようになっています。

 

口座凍結後、一定の手続きを経て被害者救済のための分配手続に入りますが、最初に口座名義人の権利を失わせる「失権手続」というものが行われます。

 

インターネットで公告を行って口座の名義人に名乗り出てもらい、

 

「自分に権利がある!」

 

と主張する人は訴訟などで決着をつけてもらいますが、誰も名乗り出なければ一定期間経過後に名義人の権利は消滅します。

 

そして、次に「私が被害者です」という人を同じくインターネットの公告で募集し、その人が色々な資料で本当に被害者だと認められた場合は、他の被害者と被害額の割合に応じて分配を受けることができます。

 

 

もしこのように分配していってもなお、余りが出た場合は、最終段階で口座名義人の救済に使われることもありますが、あくまでも被害者が優先になってしまうのです。


 

凍結された口座が給与の振込口座だった場合はそれこそ大変なことになります。

 

給与が受け取れなくて生活に困るだけでなく、会社との信頼関係が壊れて仕事を失う危険性すらありますので、早急な対処が必要になるのです。

 

しかし、警察や銀行に自分で掛け合って凍結解除までしようとすると、かなり骨が折れることもあります。

 

銀行口座凍結を解除するには弁護士か司法書士しかいない

銀行は警察から凍結の依頼が来ている状態のままでは勝手に解除することもできないのですから、すみやかに解除してもらうためには弁護士などの法律家に相談することが早道です。

 

多少の費用はかかったとしても、自分でするより断然素早く、効率よく対処してもらうことができます。

 

もし被害を受けたなら専門の法律家に相談しましょう。

 

とくにウォーリア法務事務所ジャパンネット法務事務所は銀行口座凍結問題は多く解決しています。

 

闇金に強い弁護士・司法書士

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所のHPへ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

ジャパンネット法務事務所

代表 小宮山 博之司法書士

 

闇金と債務整理に特化したベテラン中のベテランの司法書士。

 

 

東京渋谷区に事務所を構えて約40年。

 

実績とヤミ金解決のデータはハンパなく持っています。

 

警察と組んで闇金業者をつぶしにかかります。

 

ちなみにギャンブルが原因の借金も任せてくださいと自信をもってお話しされていました。

 

全国どこでも対応してくれ相談無料です。

 

ジャパンネット法務事務所のHPへ

 

ジャパンネット法務事務所の解説へ

 

闇金から借りたら銀行口座が凍結してしまう理由

 

「自分は闇金から借りているだけだから何も他人に迷惑がかかるようなことはしていない」


 

と思う人もいるでしょう。

 

しかし、彼らと関わっているだけで、自覚のないままに犯罪行為に加担してしまうことがあります。

 

闇金とのお金のやりとりは現金で行われることもありますが、銀行口座もしばしば使われます。

 

たとえば、闇金から借りるための自分の銀行口座が凍結してしまうことがあるのですが、なぜ借りているだけの自分が?と思うでしょう。

 

そのからくりはこのようなものです。

 

闇金は色々な人にお金を貸したり、返済を受けたりしてお金をぐるぐる回しています。

 

口座を記帳して確認した時に「スズキ」と名乗っていたはずの闇金の名前ではなく、まったく知らない「サトウ」という名前で入金されていることがあります。

 

つまり、その口座に入ったお金は別の借り手である「サトウさん」から闇金への返済だった、ということなのです。

 

*図にするとこんな感じです

 

このような場合、サトウさんが被害を警察に届けたり、銀行に口座凍結の申請をしていれば闇金名義の口座でなかったとしても凍結されることになります。

 

 

凍結された口座は預金保険機構というところに情報が掲載されているので、逆に自分が支払った口座が凍結されているのかどうかを調べることもできます。


 

ベストアンサー

口座のお金が分配される

もし、悪用されたと思われる口座が預金保険機構のデータに掲載されると、その口座の権利を失わせるための手続きが行われた後で、被害者と認められた人に口座のお金が分配される制度があります。

 

このような段階までいってしまうと、もう自分の口座といえども自分でコントロールできない状況になってしまいます。

 

借金の条件として、返済猶予のために闇金から要求されて口座の通帳と暗証番号などを渡してしまう人もいますが、振り込め詐欺の振込先として悪用されて名義人が逮捕されることもあります。

 

苦しい状況の中、判断能力を失って彼らにこのようなものを渡してしまうことがないように気をつけましょう。