闇金からの取立てをクレサラ被害の会に相談するメリット・デメリット

闇金からの取立てをクレサラ被害の会に相談するメリット・デメリット

全国のあちこちに「クレサラ被害の会」という団体があります
(名前はそれぞれ独自のものがつけられていることもあります)。

 

これは、消費者金融や闇金被害などに苦しむ人を助けるために作られたNPO法人で、借金問題を抱える人々の相談に乗ったり、弁護士や司法書士などの専門家を紹介して債務整理の道筋をつけたり、その後の再生の手助けをしたりしています。

 

また、生活保護の申請の仕方を教えたり、ホームレス援助のための炊き出し、貧困問題解決のための政治家への働きかけなど、団体によっては実に多様な活動をしています。

 

こういったところで相談員をしている人は、もちろんある程度法律に造詣の深い人もいるのですが、かつて自分が多重債務者だった経験を生かして同じような人の救済にあたっているというケースもあります。

 

弁護士や司法書士とのネットワークを形成していますから、借金問題の相談に来た人はすぐ専門家に紹介できるようになっています。

 

こういった団体に相談するメリットというのは、やはり自分と同じ目線で話を聞いてもらえることです。

 

特に経験者だった相談員は今、借金問題の真っただ中にいる人にも深く共感でき、相談者が心理的に安心できることが多いのです。法律家への紹介も比較的スムーズにできるはずです。

 

しかし、一方でデメリットとして挙げられるのは、このような団体を通して紹介を頼むと入会金や年会費を払わなければならないこともあること、紹介された専門家については断りづらいため、実質、自分で専門家を選ぶことができないことです。

 

また、きちんとした団体だと思って相談したら実は悪徳業者と結託している団体だったという危険性があります。

 

整理屋や紹介屋と言われる連中が、こういったNPO法人の名前で悪徳弁護士を紹介してくるということもありますから、自分がまともな団体かどうかを見極められなければ、解決どころかかえって事態が悪化することもあるということです。

 

関連記事です

闇金からの取立て・嫌がらせを弁護士・司法書士に相談するメリット・デメリット

 

警察は闇金からの取立て・嫌がらせを対策・対応してくれるのか。メリット・デメリット

 

闇金からの取立てを法テラスに相談するメリット・デメリット