借金がある状態でも生活保護費を受給できます。ただ預金があると受けられない。

借金がある状態でも生活保護費を受給できます。ただ預金があると受けられない。

生活が苦しくなってお金を工面する方法としては、仕事を増やす、所有物を売る、借金をするなどがあります。

 

この中で最もリスクがあるのは借金をするという方法で、利息の支払いのためにさらに生活が困窮するということがあります。

 

それで、生活保護を受けたいと思っている人の中にはすでに多額の借金をかかえている人がいます。

 

借金があっても生活保護が受けられないことはありませんので安心してください。

 

ここでは生活保護と借金の関係についてお伝えしたいと思います。

 

借金があっても生活保護は受給できる

借金があっても生活保護を申請し、もらえることができます。

 

ただ

 

生活保護を借金の返済に充てることはダメ
生活保護受給中は借金しないほうがいい

 

という注意事項があります。

 

生活保護を借金の返済に充てることはダメ

借金があるなら返済するか自己破産などの債務整理をして負債を0にするように提案されます。

 

 

借金があると困窮状態から抜け出せないのでまず借金をなくすように福祉事務所は指導します。


 

ローンが残っている住宅など資産がある場合は、住宅を売却するようにアドバイスされます。

 

このへんはケースワーカと相談することになります。

 

生活保護受給中は借金してはダメ

また、申請の時点では借金はなかったものの生活保護を受けてから、借金が必要と感じる場合があるかもしれません。

 

借金を禁じる法律はありませんが、借金は収入とみなされるのでその分が保護費の支給額から差し引かれます。

 

支給額が減った上、利息も支払わなければならないので生活はかえって苦しくなります。

 

ですから借金することはススめられません。

借金が見つかると不正受給になる

また、ケースワーカに内緒で借金をしてそれが発覚した場合には、収入を申告しなかったということで不正受給になり、生活保護の停止や廃止になります。

 

そもそも生活保護を受けている人に融資をする金融機関はあまりありません。

 

生活保護を受けている人が返済できなくても差し押さえが禁じられているので、融資したお金を回収できないからです。

 

闇金などで借りる人もおられますが、とんでもない利息を請求されますので

 

借りたい気持ちもわかりますがやめておきましょう。

 

 

いずれにしても生活保護を受けている間は借金はしないのが賢明です。


自己破産について

自己破産は裁判所を通して行う手続きで、任意整理、特定調停、個人再生などの他の債務整理との違いは、裁判所に認められれば借金が0になるという点です。

 

ですから再出発をするのに最もよい方法ですし、生活保護も受けやすくなります。

 

自己破産をすると信用情報機関にその記録が残る、住宅や高価な所有物は手放さなければならない、特定の職業に一時的につけなくなるなどの制約はありますが、借金が0になる事を考えるならメリットの方が大きいと言えます。

 

裁判所での手続きは自分でもできますが、わからないことも多いので弁護士に依頼するのが安心です。

 

でも、弁護士費用などどうしたらいいかという問題もあります。

 

そんな時には法テラスに相談することをお勧めします。

 

法テラスは法務省の管轄機関です。

 

法テラスが実施する資力審査に通れば、無料で相談できますし、弁護士費用も安くなり分割で支払うこともできます。

 

 

また、生活保護が受けられるようになれば、弁護士費用の返済の必要も無くなります。


多額の預金があると、保護費は受給できない

生活保護の申請をする時点で多額の預金があると、調査の段階でそのことがわかり保護費は受給できません。

 

ただし、申請時の預金額が1ヶ月の生活費の半分以下であれば問題ありません。

 

申請した後に2週間の調査期間がありますが、その間福祉事務所は金融機関に対して照会を行い預金額などを調査します。

 

ですから、預金口座を秘密にするということはできません。

 

 

また、生活保護費を受給するようになってから、ケースワーカーに内緒で預金して、そのことが発覚したら不正受給になり生活保護を受けられなくなります。

 

 

生活保護は預金もできないような状態の世帯を支援するためのものなので、預金できる人には生活保護費は支給されないのです。


 

福祉事務所は職権でその人の口座を調べることができるので多額の預金があることがわかれば、生活保護が廃止されます。

 

ただ、例外として電化製品などの生活必需品を買い替えるための預金は認められます。

 

その場合も、勝手に預金しないで、ケースワーカーにきちんと相談する必要があります。中には親の名義で預金していてそれが発覚して生活保護が受けられなくなった人もいます。

 

不正はやめて預金したい事情があるなら、まずはケースワーカーに相談しましょう。

 

 

 

まとめ

借金があっても生活保護を受け取っているひとは実は結構おられます。

 

自己破産といってもこわくてしたくないという考えの人もいるので、借金をしたまま申請して受給に至ったという例がありますね。

 

管理人が伝えたいことはただでさえ生活が苦しいのでこのまま借金返済するよりも、自己破産したほうが将来的には良かったということもあるということです。

 

こればかりはご自身の考えですが、借金をきちんと返さなければいけないというまじめな方が多いので病気などになるのが個人的には気がかりです。

 

生活保護費から借金返済はしてはいけないといわれていますが、それで返済されている方もいます。

 

生活保護を受けていて借金をどうすればいいか迷われている方は、匿名でしかも無料で弁護士に相談できる「街角相談所」というサイトがありますので、参考にしてみてください。

 

関連ページ

生活保護を受けてたら医療費は自己負担せないかん?
生活保護を受けていると「医療扶助」があります。 ただ、指定医療機関以外だと10割自己負担になるので注意してください。
生活保護の不正受給がばれるとどうなるの?
生活保護を受けている世帯は国が決めた最低生活費に満たない収入で生活していることが条件なので、それ以上の収入があるのに保護費を受け取っているなら不正受給になります。
生活保護制度は働きたくても働けない事情がある世帯を支援するための制度です。
健康で働ける能力があるのに働かない場合は生活保護を受けることができません。働けるのに福祉事務所に行って生活保護の相談をすると就労指導を受けます。
生活保護を受けている世帯は高校生の子供などがアルバイトを始めた場合申告する必要があります。
保護費から差し引かれるのが嫌で子どもの収入を故意に隠しているとアルバイトで得た分のお金を返還しなければならなくなりますし、不正受給をしたということで生活保護が受けられなくなります。
生活保護を受けながらバイトしたいんやけど・・・
働いていることを隠していると不正受給になるのできちんと申告する必要があります。
年金収入があっても生活保護の申請可能で、保護費の支給を受けることは可能です。
中には年金受給を申告しないで生活保護を受け取ろうとする人がいますが、年金受給を隠して保護費を受け取ると不正受給になり、罰金や懲役刑が課せられることがあります。
生活保護を受けてもアパートは借りたいけど可能?
アパートが借りにくいのではないかと不安に思う人も多く、生活保護を受けている人には貸したくないという大家さんが多いのも確かです。保護費受給者だと審査に通らないということもあります。
生活保護をもらうとき自動車は維持費がかかるので原則として手放さなくてはなりません。
ただし、売却しても数万円程度にしかならないような資産価値のない自動車であれば売却を求められることはありません。
一定の条件を満たしている在日外国人であれば生活保護を受けられます。
生活保護費の受給について、在日外国人に支払うかどうかの裁判で、最高裁が支払う必要がないという判決を出したケースがありますが、それによって在日外国人が支給を受けられなくなったわけではありません。
自宅がある場合、生活保護を受けられる場合もあれば受けられない場合もあります。
あまりにも豪華な家はローンが無くても売却するように指導されるかもしれませんが、一定の範囲内であれば自宅に住みながら生活保護を受けることが可能です。
親戚が金持ちだと生活保護は受けられないの?
親戚が仕送りなどの形で援助を申し出てくれたなら、生活保護は受けられません。
高齢者も生活保護を受けられますが、無条件で受けられるわけではありません。
年金収入が最低生活費を上回っている場合も生活保護は受けられません。年金だけでは最低生活費に満たない場合に、不足の分を生活保護で扶助してもらうことができます。
障碍者支援があると生活保護は受けられない?
障害年金などで障碍者支援を受けている人が生活保護を受けるための条件は一般の人と変わりません。
生活保護を受けてもスマホはもてるの?
スマホを持ってはいけないという規定はありませんが、新たにスマホを購入しようと思う場合は、一応、ケースワーカーに相談してみて判断を仰ぐのがいいのではないかと思います。
母子家庭でも世帯収入が国が定める最低生活費に満たない場合には生活保護を受けることができます。
母子家庭でも母親が働いていて収入があれば、その収入と父親から受け取る養育費、児童手当なども世帯収入とみなされます。
生活保護を受けた後キャッシングやクレジットカードの審査に通る?
生活保護受給後のキャッシングやクレカの審査に通るのは難しいといえます。その理由を解説します。
生活保護受給者は学資保険や生命保険、医療保険に加入出来ないの?
ただ、死亡や障害のための保険、毎月の保険料が定額である保険、解約返戻金額が30万円以下であるといった条件を満たしていれば、解約する必要はありません。