【闇金から借りるとき聞かれること】会社や家族の緊急連絡先を重視している。きちんとした契約書はとらない。

【闇金から借りるとき聞かれること】会社や家族の緊急連絡先を重視している。きちんとした契約書はとらない。

ヤミ金融は、銀行などの金融機関(サラ金を含む)に対して裏、つまり正式には認められていない金融業者のことです。

 

出資法の金利規制を安全に無視し、超高金利でお金を貸しつけます。

 

それも10日で1割(トイチ)というのはまだ良心的な方で、十日で3割、5割の金利を取る業者も存在します。

 

 

しかし、そのような高金利と知っていても、どうしても現金を手にしなければならない事情がある人の中には、渋々ながらも、その条件を飲んでしまい、ますます借金地獄に落ちる人が出てきます。


 

このページでは闇金業者は一体どのような貸し付けを行うのか解説したいと思います!

 

店舗型の闇金から借りる際の必要書類

借金の契約書に署名・捺印することは、相手が銀行であってもあまり気持ちの良いものではありません。

 

銀行がお金を貸すときに、住民票、印鑑証明、健康保険証、免許証、年金手帳を受け取り、大量の書類に住所・氏名を書き入れさせ、実印を押させます。

 

「重い荷物を背負ってしまった。何が何でも返さなければ」と決意を新たにすることにもなります。

 

 

借金の契約書は、金銭消費貸借契約書といって、正規の金融機関であればサラ金でも必ず結ぶことになるものです。


 

これによって、がっちりと借り手をしばるわけです。

 

ところが闇金融は、トイチとかトサンとかの違法な金利をとるわけですから、きちんとした契約書を結ぶと、違法が契約書に載ってしまい、証拠品になりかねません。

 

借り手が契約書を持って警察にかけこむようなことになれば、命取りになりかねないのです。

 

そのために「30万円借りれました」という借用書をとるだけで、正式な契約書を結ばない闇金融が出てくるのです。

 

「契約書は?」と借り手が聞くと、「信用、信用、あなたを信用しているから契約書は必要ありません」と返事をします。

 

 

契約書を交わさないことで恩を着せ、「頑張って返さなくては」という返済の意思を強く持たせるのも、ヤミ金融の心理作戦の一つです。


闇金は親や家族の連絡先を知りたい

ヤミ金融は、たいてい繁華街の雑居ビルや、マンションの一室にあることが多く、表札が出ていないことも少なくありません。

 

サラ金も同じような場所に営業所がありますが、こちらは所在をはっきりさせ、看板をきちんと出して自分をアピールしているところが違います。

 

とはいうものの、サラ金のなかにも、ヤミ金融と同じような怪しげな体裁のところがあります。

 

ヤミ金融の事務所を訪ね、インターホンを押すと、名前を確認してからドアを開けてくれます。

 

登録業者であれば貸金業者登録票や貸し付け条件表、貸金業協会に加盟していれば、そのマークなどが掲示されてあるものですが、未登録のヤミ金融の場合は、そういうものは見えません。

 

事務机や椅子は入口近くにあるものの、つい立てで奥が見えないようになっている部屋に通され、「申し込み書に記入事項をもれなく記入してください」と言われます。

 

部屋はガランとしていて、殺風景そのものです。

 

申し込み書といっても、1枚の用紙の、それも片面だけに記入するもので、住所、氏名、生年月日、勤務先のほか、家族、親戚、他社からの借り入れ状況などを簡単に書き入れさせるだけです。

 

彼らが重視するのは、まともな金融業者だったらやってはいけないことになっている配偶者や親、兄弟、親戚などの連絡先を書かせることです。

 

 

これは闇金が貸したお金を回収するときに必要になるためです。

 

闇金は返せなくなった時のために職場や家族の連絡先を入手したいのです。


 

ですから申し込み書にそれを記入すれば、万が一の場合、それらの人たちに迷惑をかけることになります。

 

闇金でお金が返せなくなったら本人への取り立てだけではなく、家族にも取り立ての被害が及ぶことになるんですね。

 

闇金の取り立てはとてもしつこく、暴力的な取り立ても目立つことが特徴で闇金の問題をいつまでも抱えていると、心身ともに疲れてくるものです。

 

闇金との関わりは早く解消することが必要なのですが、借金問題は自分では解決できないと思っている人がほとんどです。

 

闇金でお金を借りる人の多くは、銀行や正規の金融会社でお金が借りられないという人ばかりです。

 

お金を貸す業者側にリスクがあるからなのですが、闇金ならお金を貸してくれます。

ウソを書くとばれる

では嘘を記入すればいいかというと、敵もさるもので、確認の電話をかけさせます。

 

電話の内容は奥でも聞けるようになっていて、そのやりとりによって本物かどうかを判断されてしまいます。

 

そして他社からの借り入れ状況も問題にされます。

 

「借入件数は正直に書いてください。多いからといって貸さないということはありません」

 

ヤミ金融は必ずこういいます。

 

多重債務者や自己破産者を客にしようという以上、借入件数が多いのはわかっているはずですが、貸してすぐに行き詰まりになってしまうかどうかをつかみたいのです。

 

とはいえ、借り手も正直に記入したりはしないものです。

 

そこで彼らは「コンピューターに照合すればすぐにわかることだから、隠してもダメですよ」とプレッシャーをかけてきます。

 

 

ヤミ金融には大した情報のネットワークなどありませんから、これは嘘です。


 

「正直に申告しないと、貸せるものも貸せなくなりますよ」

 

と念を押してくるのは、客の値踏みをしているのです。この対応によって、客が小心者か、バカ正直かということを見極め、いくら貸し付け、どこまでしゃぶるのかを決めるのです。

未成年者でも借りれる

闇金は、審査が甘く無職や主婦、年金受給者などにお金を貸してくれます。中には未成年でもお金を貸してくれる業者もあります。

 

闇金の利用者は、お金が借りられない人やお金が借りにくい人などですが、未成年でもお金を貸すことが闇金の特徴です。

 

もし闇金から借りて返せなくなってい方は下記のページを参考にしてください

 

【闇金からの悪質な取立てがとまらない!】嫌がらせを対策する解決方法

 

ヤミ金の事務所が雑居ビルの上にある理由

最近は大手のサラ金が駅前ビルの1階で堂々と営業するようになりましたが、日本ではまだお金を借りることが、後めたいことだという気分があります。

 

そのためか、新橋、神田、池袋、新宿といった繁華街の雑居ビルに、中小サラ金の多くが入っています。

 

駅に隣接した商業地の雑居ビルが、貸金業のメッカです。

 

闇金融も同様に雑居ビルの上階に店舗を構えます。

 

サラ金よりも切実に「入るところを人に見られたくない」という客の心理を考えるからです。

 

通りからは、その部屋を訪ねたのかがわからないので、気兼ねなく訪ねることができるわけです。

 

貸金業として登録する場合は、必ず事務所が必要になります。

 

その場合、都営住宅などの公共住宅は事務所にできません。

 

そのため、家賃が安い雑居ビルの上階が選ばれるという側面もあります。

 

いざという時、すぐに逃げられるというのがヤミ金の基本ですから、同じ場所で長く営業することはありません。

 

多くの業者が1年で引っ越していきます。

 

ヤミ金融の出店条件

・原則として大都会の商業地の雑居ビル
・ヤミ金銀座から離れた地域の駅から離れた居住用の
中古ワンルームでも営業
・レンタル・オフィスや秘書センターで開業してるところもある
・自宅で開業している業者もいる
・事務所などない業者もいる

ネット型の闇金が主流

最近は店舗型の闇金業者よりネット型の闇金をよく見かけます。

 

事務所を構えると所在が分かり捕まりやすくなるからでしょうか。

 

インターネット型の闇金が主流になってきています。

 

ホームページ上で堂々と違法な金利をうたっているのにはびっくりしました。

 

*もう闇金と書いちゃってます。

 

また個人掲示板などで融資したい人を探し、対面や電話1本で銀行に振り込みお金を貸すケースが多いですね。

 

とくに書類など必要はありませんが、勤務先や家族の所在地や連絡先を聞かれます。

 

これには十分注意してください。

 

返済できなくなると、会社や自宅に平気で取り立ての電話をバンバンかけてきます。

 

それはしつこいですよ。

 

闇金には手を出さないで欲しいのがホンネです。

なぜヤミ金業者は東京や大阪に集中しているのか

銀行や信用金庫は地方都市にもありますし、農協は村にまであって、金融を行っています。

 

ところがヤミ金融は、なぜか東京や大阪に集中しています。

 

 

多重債務者は都会の人ばかりではなく、全国にいるのですから、これはある意味不思議なことといえます。


 

その謎を解く鍵は都会と地方での人間関係の濃さにありました。

 

地元でお金を借りるのは、周囲の人に知られることになって恥ずかしいという意識が地方の人にはあります。

 

人間的な繋がりが都会よりも深いので、借金をしたという噂があっという間に近所中に知れわたってしまうからです。

 

そのためにお金を工面しなくてはならなくなると、地元を離れて都会の金融業者から借りようとします。

 

 

そういう背景があるためにヤミ金融は東京や大阪に集中しているんです。


 

もう一つ、理由があります。

 

それは地方の情報伝播速度の早さです。

 

空気より密度の高い水の中では、音の伝わる速度が飛躍的に高まるように人間関係が濃厚な地方社会では、噂が広まるのが都会よりもずっと早いのです。

 

地方の倒産会社に行くと、近所の人が「あそこは1ヶ月くらい前からつぶれそうだったよ」と話してくれます。

 

それくらい地方は情報が広まるのが早いので、資金につまった経営者は、地元からお金を借りることができません。

 

「経営が苦しそうだ」という噂が広まったら、あっという間に信用不安を引き起こしてしまうからです。

 

そのためにお金に困った経営者は、こっそりと都会の金融機関から借りようとします。

 

これもヤミ金融が都会に集中する理由です。

 

ところで、ヤミ金融から見ると、そのような地方の中小企業経営者は融資する相手としては、最高だといえます。

 

その理由は、性格が真面目で、自己責任の意識が強いからです。

 

「借りたものはどんなことをしても返すものだ」というポリシーをしっかり持って行ってくるために、返済が苦しくなっても何とかして返そうとします。

 

そのためにどんどん借金地獄の深みにはまってしまい、ヤミ金融に甘い汁を吸われ続けることになるのですが、彼らはそのことを疑いもしないので、脅したり説教したりする手間がいらないのです。

 

しかも地方の中小企業経営者たちは、自己破産を犯罪と同じように悪いことだと考えています。

 

 

約束を守らず、借金をチャラにしてしまうなど、道義心が許さないのです。


 

これでは、ヤミ金融のカモでしかありません。

 

そして最後は借金苦による自殺。悲しく、残念な結末です。

 

もしヤミ金と契約を交わして返済や取り立てに困っていたら専門家に相談しましょう。

 

闇金相談ならウォーリア法務事務所。強気で闇金に立ち向かいます。

ウォーリア法務事務所

代表 坪山正義司法書士

 

ウォーリアさんにはほんと感謝しています。めちゃくちゃ闇金に強いスゴ腕司法書士さんです。

 

 

空手家でどんな闇金もぶっ潰す最強の法律家です。

 

大阪に事務所がありますが全国どこの闇金業者も撃退してくれます。

 

相談も無料です。電話するとめっちゃ気さくな方ですよ。

 

ウォーリア法務事務所の無料相談窓口へ

 

ウォーリア法務事務所の解説へ